水分

水分は、ドッグフードに含まれている成分のひとつです。水分含有率によって、ドライフード(水分保有率10%以下)セミモイストフード(水分保有率25~35%程度)、ウェットフード(水分保有率70%以上)に分類されます。多くの場合、ドッグフードだけでは体を維持するために必要な水分を摂取することが出来ないため、フードとあわせて水を与える必要があります。

水分の過剰摂取

犬がドッグフードによって水分を過剰に摂取する可能性はほぼありません。水をたくさん飲む場合には、糖尿病、子宮蓄膿症、尿崩症、腎不全等の病気が疑われますので、動物病院へ行くことをお勧め致します。

水分の欠乏

水分が不足すると脱水症状を起こし、体温が調節できなくなります。犬は人間と比べて体温調整が苦手なため、水分不足で熱中症にかかってしまうこともあるので注意が必要です。ドッグフード(特にドライフード)だけでは必要な水分を摂取することが出来ないため、新鮮な水を常に飲めるように用意しておく必要があります。