オリジン(Orijen)ドッグフード

共有

オリジンのドッグフードは「肉食動物には肉メインの食事」をコンセプトとしたフードです。ペットを可愛くに思うが故に、人と同様に食事を与えてしまうことがありますが、それはペットにとって良い事であるとは言えません。自然環境の中で犬は生肉を主食とし、植物はミネラル、ビタミンを補うために摂取しています。オリジンのドッグフードは最高級ランクの肉を80-85%の割合で配合し犬本来の食事を再現しています。

(24件)
オリジン 6フィッシュドッグ 340g
販売価格: 1,404
ポイント
26

オリジン6フィッシュドッグは、人間用食材の地元産天然魚を新鮮な状態で贅沢に使用したドッグフードです。小袋。

オリジン パピー 2kg
送料無料
販売価格: 6,480
ポイント
120

オリジンパピーは、穀類で育った新鮮鶏肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用したドッグフードです。2.27kgサイズ。

オリジン レジオナルレッド 340g
新着1
販売価格: 1,404
ポイント
26

ブラック・アンガス牛肉、イノシシ肉、アルバータ羊肉、古代豚肉、バイソン肉を豊富に使用した犬用総合栄養食です。340g。

オリジン オリジナル 340g
販売価格: 1,404
ポイント
26

オリジンオリジナルは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した成犬用ドッグフードです。小袋。

オリジン パピー 340g
販売価格: 1,404
ポイント
26
口コミ
1件

オリジンパピーは、穀類で育った新鮮鶏肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用したドッグフードです。小袋。

オリジン レジオナルレッド 11.3kg
送料無料
新着1
販売価格: 27,000
ポイント
500

ブラック・アンガス牛肉、イノシシ肉、アルバータ羊肉、古代豚肉、バイソン肉を豊富に使用した犬用総合栄養食です。11.3kg。

オリジン レジオナルレッド 5.9kg
送料無料
新着1
販売価格: 16,200
ポイント
300

ブラック・アンガス牛肉、イノシシ肉、アルバータ羊肉、古代豚肉、バイソン肉を豊富に使用した犬用総合栄養食です。5.9kg。

オリジン レジオナルレッド 2kg
送料無料
新着1
販売価格: 6,804
ポイント
126

ブラック・アンガス牛肉、イノシシ肉、アルバータ羊肉、古代豚肉、バイソン肉を豊富に使用した犬用総合栄養食です。2kg。

オリジン フィット&トリム 犬用 11.3kg
送料無料
販売価格: 22,572
ポイント
418

オリジンFit&Trimは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した肥満犬用ドッグフードです。大袋。

オリジン フィット&トリム 犬用 5.9kg
送料無料
販売価格: 15,390
ポイント
285

オリジンFit&Trimは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した肥満犬用ドッグフードです。5.9kg。

オリジン フィット&トリム 犬用 2kg
送料無料
販売価格: 6,804
ポイント
126

オリジンFit&Trimは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した肥満犬用ドッグフードです。2kg。

オリジン フィット&トリム 犬用 340g
販売価格: 1,458
ポイント
27

オリジンFit&Trimは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した肥満犬用ドッグフードです。小袋。

オリジン シニア 11.3kg
送料無料
販売価格: 22,572
ポイント
418

オリジンシニアは、新鮮鶏肉、七面鳥肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した老犬用ドッグフードです。

オリジン パピー ラージ 11.3kg
送料無料
販売価格: 21,546
ポイント
399

オリジンパピーラージは、穀類で育った新鮮鶏肉、北部産獲りたて白身魚、新鮮全卵などを使用した大型犬種の子犬用ドッグフードです。

オリジン 6フィッシュドッグ 11.3kg
送料無料
販売価格: 22,572
ポイント
418

オリジン6フィッシュドッグは、人間用食材の地元産天然魚を新鮮な状態で贅沢に使用したドッグフードです。

(24件)

オリジン(ORIJEN)販売再開のお知らせ

オリジンペットフードについて、9月1日より販売再開となります。お待たせをしておりまして誠に申し訳ございませんでした。

オリジン(Orijen)紹介動画

オリジン(Orijen)が考える生物学的に適正な5つの原則

含有量の高い肉類

チワワからグレードデンまで、あらゆる犬は同じDNA形態を持っており、進化の起源も同じ灰色オオカミです。

従って現代の犬はすべて、野生のオオカミと同じ食事を摂ることが可能なだけでなく、最高の健康のためにも祖先と同じ食事を必要としているのも当然のことでしょう。

犬も野生のオオカミと同じように肉食です。尖った歯と短い消化管を持ち、肉を代謝するよう進化した体の構造をしています。

生物学的に適正なオリジンは、より自然な食事の摂取が出来るように、毎日私達のキッチンに新鮮な肉原材料が運ばれ、栄養が豊富な80%肉含有量の食事を提供しております。生物学的に適正なオリジンは、より自然な食事を摂取する事ができるように、新鮮な肉と少量の新鮮な丸ごとのフルーツや野菜、ハーブを含むことなどにこだわって食事を再現しています。

バライティ豊かな肉類

巣に産み落とされた卵や、ダックやガチョウ、新鮮な魚などのバラエティ豊かな自然な原材料は、犬や猫に必須のたんぱく質や脂肪を提供します。

他のペットフードの追随を許さない、生物学的に適正なオリジンは、バラエティ豊かな放し飼いの家禽の肉類、臓器、軟骨および骨髄、卵、放し飼いの家畜や新鮮魚を提供しています。

一般的なペットフードは鶏肉や羊肉といった単一の動物性原材料しか使用しておらず、尚且つ新鮮度を欠き、使用量、種類が非常に少なく、高熱でフード製造されるため、従来必要な栄養が欠如しています。

オリジンは自然な食事を忠実に再現し、あなたの犬や猫に完全な栄養を供給する為、放し飼いの家禽、巣に産み落とされた卵、放牧された家畜や天然魚などの類を見ないバラエティさを備えています。

新鮮な肉類

本物の新鮮な家禽、卵、魚や肉は、生物学的に適正なペットフードに適した原材料です。

新鮮原材料は、熱処理されず無冷凍な状態で、適正な栄養豊かなたんぱく質や脂肪だけではなく、本能で欲する為の天然香料も提供します。

我々の本物の新鮮な食材は、最も自然で完全な必須栄養素を供給し他のペットフードメーカーの追随を許さない、自然な食事を反映したペットフードです。

低炭水化物、低GI

犬や猫の家族でたんぱく質と炭水化物の関係をする人は少ないです。たんぱく質と炭水化物の関係はシンプルです。片方の含有量がアップすれば、もう片方の含有量はダウンするのです。言い換えれば、たんぱく質含有量が多ければ多いほど、炭水化物が入る余地は減るということです。

犬猫の食事にはたんぱく質が必要でたんぱく質は少なければ少ないほど適した食事です。犬猫にはたんぱく質が不可欠であり、炭水化物の役割はありません。実際に炭水化物は犬猫にとっては「空のカロリー」と言われます。

オリジンでは、炭水化物は肥満や糖尿病の主要な原因になると考えています。市販のペットフードの多くは、50%以上の炭水化物の含有量です。

丸ごと果実、新鮮野菜とハーブ

高GIの代わりに、オリジンは地元の農場やブリティッシュコロンビア州の果樹園から新鮮な果物、野菜や果実を仕入れ使用しています。

市販のペットフードは、大量の穀物やジャガイモと少量のフルーツと野菜(粉末状で産地不明の原材料が多い)を使用しています。しかしオリジンは、オカナガンやフレイザーバレーの果樹園で新鮮収穫された、あるいは地元の草原黒土で摘まれたフルーツと野菜を使用。自然の栄養たっぷりです。

オリジンの植物は、自然な食事を模倣し、体の臓器や組織を強化し、消化を助けるサプリメントの役割を果たします。植物は体の肝臓と洗浄のように生理学的な過程を刺激することで、毒素を排除することに役立ちます。

オリジン(Orijen)ドッグフード Q&A

なぜオリジン・ドッグフードのフォーミュラを変更したのですか?

私たちのオリジンフードは、Biologically Appropriate「生物学的に適正」なフードを製造する という理念に常にこだわりを持って作られています。肉と魚の量そして新鮮肉の量を増やすことや、新しいバラエティに富んだ肉原材料を使用することなどを取り入れて、フードを変更することで、その理念を前進させています。

WholePrey肉比率に見合って製造された私たちのフードは、自然なビタミンやミネラル源であり、低グルセミック負荷値の原材料で炭水化物制限もされています。

私たちは、この結果に胸を膨らませていますし、もっと詳しく知っていただきたいと思います。

何か大きな違いで私が知っておかなければならない事はありますか?

私たちの新しいフードでは、次の点が強化されています。

肉85%

肉含有量が5%増になったBiologically Appropriate™ 「生物学的に適正」なオリジンのキャットフ ードは、全て人間用食材として認定を受けている品質のものを使用しています。

肉の3分の2は、新鮮または生

他社のドライドッグフードとは違い、オリジンは、新鮮肉が3分の2の割合で含まれており、残りの3分の1は、たんぱく質の凝縮源となるディハイドレート肉が使われています。

抜群なバラエティとWHOLEPREY肉比率

他製品に見られない、オリジンのWholePrey™肉比率に見合った豊富なバラエティの肉と魚は、豊かで自然な必須栄養素を提供しますので、サプリメントの補給は亜鉛と銅、コリンのみです。

肉は、必須たんぱく質と脂肪、そしてビタミンA、B、D、K、クロム、葉酸、鉄、マグネシウム、カリウム、セレニウム、亜鉛を提供します。

内臓は、愛犬に必要なビタミンとミネラル、善玉脂肪、アミノ酸を含む大部分の栄養を提供します。

軟骨は、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウムなど豊富なミネラル源を最も吸収されやすい形で提供します。

ゆっくりとディハイドレートされた肉

全て人間用食材として認定を受けている品質の肉を使用してオリジンのために90℃で特別に調理されます。乾燥肉は、WholePrey肉比率に見合った原材料を使い栄養豊かなたんぱく質の凝縮源を提供します。

炭水化物制限

あなたの犬のありのままの食事には、たとえあったとしても、わずかな炭水化物が含まれているだけです。ですから、オリジンのフードは、炭水化物の量を20%に制限しています。

低GI

レンズ豆やヒヨコ豆のような低GIの炭水化物は、血液にゆっくりと入って行き、安定した血糖値を促進すると共に、脂肪の蓄積の可能性を減らします。

サプリメントは、2種類までに制限

オリジンの豊かな肉は、WholePrey肉比率で含有されていますので、栄養分を自然な形で提供します。サプリメントの補給は、食事にもよりますが、亜鉛と銅のみに制限できます。

私の犬に新しいフードを給餌する時、新旧フードの移行期間が必要ですか?

すでにオリジンを与えていて、新しいフードを与えるのであれば、新旧のフードを1日か2日間ほど半々混ぜて与えてください。あなたの犬が、今までに消化器が過敏であった場合は、少し長い移行期間を取られることをお勧めします。

オリジンを初めて与えられる場合は、まず初日に、オリジンを4分の1、今までのフードを4分の3の割合で与えてください。その後1週間で、ゆっくりとオリジンの量を増やし、最終的にオリジンを100%与えてください。

新しい原材料はどこから入れていますか?

一般のペットフードの製造業者の使う材料と異なり、私たちが仕入れる地域の新鮮な原材料は、最高のものを使用しています。最も新鮮な、そして最も自然で風味豊かな形で栄養を提供する新鮮な原材料は、母なる自然が提供する栄養を忠実に再現しています。

緑豊かなケンタッキー州の農業地帯にあるドッグスター・キッチンは、地元の専門農家と提携しています。原材料は、信頼できる生産者から毎日、弊社キッチンに搬送されます。私たちの原材料と提携生産者についての詳しい情報は、この地域の新鮮原材料リンクでご覧ください。

オリジン・シックスフィッシュからサーモンを除いた理由は何ですか?

チャンピオン社では、持続可能な方法で放牧飼育されたり漁獲された地域の新鮮な原材料を使って私たちのフードを作っています。

サーモンは、東海岸や西海岸から入手できますが、近年天然サーモンの数が減少しているため、大部分が養殖されているというのが現状です。最近まで、オリジンのシックスフィッシュには、カナダのブリティッシュコロンビア州で漁獲された新鮮なサーモンが使われていましたが、サーモンの漁獲時期は5月から9月に限られるので、新鮮な天然サーモンを入手する期間が限られてしまいます。

私たちは、持続可能な方法で漁獲された天然魚を使うことにこだわりをもっていますので、サーモンから離れて、サーモンとと同じEPA/DHAのある他の魚に移行しています。事実上、新旧のフードともに、これらの魚のEPA/DHAレベルは0.6/1.0で、数値に変わりがありません。

なぜ、オリジン・アダルト・ドッグをオリジン・オリジナルに変えたのですか?

ペット愛好家に信頼してもらえるフードを提供し続けて10年を迎えるにあたり、初のオリジンのフードであることを認識して、オリジン・アダルト・ドッグをオリジン・オリジナルと名付けました。

ディハイドレート肉と肉ミールの違いは何ですか?

従来の肉ミールは、人間用の食材としてみなされない副産物を高温でレンダリングしたものです。私たちの肉ミールは、私たちの仕様に合わせて作られているものですので、これによっても、肉含有の質を高めます。

ディハイドレート肉は、新鮮肉を使って90℃で調理されます。これは、新鮮肉だけでは供給されない栄養価のある豊富なタンパク質源を作るために、栄養を凝縮してたものです。

原材料リストにビタミンとミネラルが見られませんが、なぜでしょう?私の犬のフードにサプリメントを加えるべきでしょうか?

私たちのBiologically Appropriate™「生物学的に適正」なフードは、原材料そのものに、犬のありのままの栄養を含むべきであると確信しています。

WholePrey肉比率の理念は、ありのままの食事を再現するよう肉と内臓、軟骨を組み込んで犬に栄養を与えることです。

肉は、必須たんぱく質と脂肪、そしてビタミンA、B、D、K、クロム、葉酸、鉄、マグネシウム、カリウム、セレニウム、亜鉛を提供します。

内臓は、愛猫に必要なビタミンとミネラル、善玉脂肪、アミノ酸を含む大部分の栄養を提供します。

軟骨は、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウムなど豊富なミネラル源を最も吸収されやすい形で提供します。

必要な場合のみ、食事に亜鉛と銅を補給します。全てのビタミンやミネラルは、あなたの犬の健康に必要な十分な量で、原材料の中に自然な形で存在しています。母なる自然には、惜しみなく全ての栄養が含まれています。

なぜ水分が上昇したのですか?

あなたの犬の食体験を向上させるため、オリジンのドッグフードの水分の数値をほんの少しだけ上げました。

フードの中に含まれる様々なハーブの役割は何ですか?

オリジン・フードに使われるハーブは、消化管を鎮静させること、そして他の利点を提供するために、注意深く選択されました。

チコリー根

非常に良いプレバイオティクスである天然のオリゴ糖、イヌリンを含みます。

ターメリック根

自然な防菌剤、抗酸化剤、抗炎症剤としての特性があります。

オオアザミ

胆汁の流れを促進し、抗炎症の特性があります。

ゴボウ

チコリー根と同じく、ゴボウは、イヌリン、ビタミンEと全ビタミンB群の源を含みます。

ラベンダー

鎮静効果があります。

アルテア根

消化管や尿路の炎症を抑えます。また、健康な腎臓に有益な利尿促進剤とも考えられています。

ローズヒップ

ビタミンCの重要な源です。

オリジン(Orijen)キャットフード Q&A

なぜオリジン・キャッフードのフォーミュラを変更したのですか?

私たちの新しいフードでは、次の点が強化されています。

肉90%

肉含有量が10%増になった「Biologically Appropriate」(生物学的に適正)なオリジンのキャットフードは、全て人間用食材として認定を受けている品質のものを使用しています。

肉の3分の2は、新鮮または生

他社のドライキャットフードとは違い、オリジンは、新鮮肉が3分の2の割合で含まれており、残りの3分の1は、たんぱく質の凝縮源となるディハイドレート肉が使われています。

抜群なバラエティとWHOLEPREY肉比率

他製品に見られない、オリジンのWholePrey肉比率に見合った豊富なバラエティの肉と魚は、豊かで自然な必須栄養素を提供しますので、サプリメントの補給は亜鉛と銅、コリンのみです。

肉は、必須たんぱく質と脂肪、そしてビタミンA、B、D、K、クロム、葉酸、鉄、マグネシウム、カリウム、セレニウム、亜鉛を提供します。

内臓は、愛猫に必要なビタミンとミネラル、善玉脂肪、アミノ酸を含む大部分の栄養を提供します。

軟骨は、カルシウムやリン、マグネシウム、カリウムなど豊富なミネラル源を最も吸収されやすい形で提供します。

ゆっくりとディハイドレートされた肉

全て人間用食材として認定を受けている品質の肉を使用してオリジンのために90℃で特別に調理されます。乾燥肉は、WholePrey肉比率に見合った原材料を使い栄養豊かなたんぱく質の凝縮源を提供します。

炭水化物制限

あなたの犬のありのままの食事には、たとえあったとしても、わずかな炭水化物が含まれているだけです。ですから、オリジンのフードは、炭水化物の量を20%に制限しています。

低GI

レンズ豆やヒヨコ豆のような低GIの炭水化物は、血液にゆっくりと入って行き、安定した血糖値を促進すると共に、脂肪の蓄積の可能性を減らします。

サプリメントは、2種類までに制限

オリジンの豊かな肉は、WholePrey肉比率で含有されていますので、栄養分を自然な形で提供します。サプリメントの補給は、食事にもよりますが、コリン、亜鉛、銅のみに制限できます。

私の猫に新しいフードを与える時に、新旧フードの移行期間が必要ですか?

すでにオリジンを与えていて、新しいフードを与えるのであれば、新旧のフードを1日か2日間ほど半々混ぜて与えてください。あなたの猫が食に敏感な場合は、少し長い移行期間を取られることをお勧めします。

オリジンを初めて与えられる場合は、まず初日に、オリジンを4分の1、今までのフードを4分の3の割合で与えてください。その後1週間で、ゆっくりとオリジンの量を増やし、最終的にオリジンを100%与えてください。

原材料リストにビタミンとミネラルが見られませんが、なぜでしょう?

オリジンのキャットフードは、WholePrey比率に見合った肉と内臓、軟骨を含んでおり、自然な形でビタミンとミネラルを提供します。私たちのフードは、あなたの猫に必要なビタミンとミネラル全てがバランスよく入っていますので、サプリメントによる栄養補給の必要がありません。

新しい原材料はどこから入れていますか?

一般のペットフードの製造業者の使う材料と異なり、私たちが仕入れる地域の新鮮な原材料は、最高のものを使用しています。最も新鮮な、そして最も自然で風味豊かな形で栄養を提供する新鮮な原材料は、母なる自然が提供する栄養を忠実に再現しています。

緑豊かなケンタッキー州の農業地帯にあるドッグスター・キッチンは、地元の専門農家と提携しています。原材料は、信頼できる生産者から毎日、弊社キッチンに搬送されます。

オリジン・シックスフィッシュからサーモンを除いた理由は何ですか?

チャンピオン社では、持続可能な方法で放牧飼育されたり漁獲された地域の新鮮な原材料を使って私たちのフードを作っています。

サーモンは、東海岸や西海岸から入手できますが、近年天然サーモンの数が減少しているため、大部分が養殖されているというのが現状です。最近まで、オリジンのシックスフィッシュには、カナダのブリティッシュコロンビア州で漁獲された新鮮なサーモンが使われていましたが、サーモンの漁獲時期は5月から9月に限られるので、新鮮な天然サーモンを入手する期間が限られてしまいます。

私たちは、持続可能な方法で漁獲された天然魚を使うことにこだわりをもっていますので、サーモンから離れて、サーモンとと同じEPA/DHAのある他の魚に移行しています。事実上、新旧のフードともに、これらの魚のEPA/DHAレベルは0.6/1.0で、数値に変わりがありません。

Orijenが提唱する「BIOLOGICALLY APPROPRIATE」(生物学的に適正)について

「生物学的に適正」とは?

「生物学的に適正」というコンセプトは、とてもシンプルです。それは、犬と猫が進化の過程で食べるようになった新鮮で種類の多い肉を再現することです。私たちのコミットメントを反映する生物学的に適正な哲学について、そして5原則をご覧になりたい方は、BIOLOGICALLY APPROPRIATE™「生物学的に適正」の項目をご覧ください。

WHOLEPREY比率とは?

「犬と猫のニーズに完全に見合うよう、自然は丸ごとの餌獲物に栄養を調和させました。オリジンのWholePrey肉比率は、オリジンフードの進化を表すものです。ありのままの食事を再現するよう肉と内臓、軟骨を組み込んでおり、合成原材料の長いリストは必要ありません。

「WholePrey比率についての情報は、Biologically Appropriate「生物学的に適正」をご覧ください。

MEATMATH肉計算とは

「生物学的に適正」なフードは、動物のありのままの食に関する構造学に調和してバランスよく配合されています。これは、肉食動物として進化してきた犬や猫は、肉の割合が多く、新鮮で種類が豊富な肉を必要とするということです。

なぜオリジンのフードにハーブが含まれているのか。

オリジンは、一粒一粒に自然の食事をできるだけ厳密に調和するよう作られています。すべての猫や犬にとって、ハーブは自然な食事の一部ですし、健康と万全な健康状態のギャップを補う架け橋となる重要な役割があります。オリジンに入っているハーブは、北米の一流ホメオパシー獣医の一人によって選択されました。

オリジンフードとアカナフードの違いは?

アカナとオリジンは、多くの違いがありますが、双方とも、生物学的に適正であること、新鮮で地域の原材料を使うこと、そして調理にしてもパッケージングにしても、弊社ブランドのどの段階においても他社に製造を任せないという信念を反映しています。

2つのブランドを比較する場合、肉に関する次の3つの質問を参考にしてください。

1.肉の量は?

オリジンには、80~90%の割合で肉が入っています。アカナのフードには、50~75%です。

2.新鮮肉の量は?

オリジンフードの3分の2は新鮮肉です。アカナは、2分の1が新鮮肉です。

3.肉の種類は?

オリジンのフードには、10種類までの肉が入っています。アカナは、5種類までです。

簡単に言えば、オリジンとアカナのフードは、新鮮な肉を沢山含み炭水化物を少量含むことで、あなたの猫や犬の自然の食習慣を真似ているのです。アカナは、オリジンよりたんぱく質量がほんの少し低めですが、幅広いペット愛好家がご購入されやすい誰にも負けない価値と価格で、生物学的に適正なペットフードをお届けします。

なぜオリジンのフードは、アミノ酸とミネラルを補足しないのか?

内臓肉は、全ての必須ビタミンやミネラル、健康な脂肪と重要なアミノ酸といった、犬が健康に育つために必要な殆ど全ての栄養が濃縮された自然な源です。

大量のビタミンB群を含み殆ど全ての栄養がぎっしりと詰まった腎臓やレバー、トライプのような内臓肉は、ミネラルやリン、鉄、銅、マグネシウム、ヨウ素の宝庫で、重要な脂溶性ビタミンA、D、E、Kがあります。それらが犬や猫にありのままの形で栄養を与えるのです。

ですから、タウリンまたはカルシウムやリンといったミネラルも含め、アミノ酸は、保証成分には載っていますが、原材料リストには載っていません。

オリジンは、15~20%の脂肪が特徴だけれど、原材料にはほんの少ししか加えられていないのはなぜ?

オリジンの新鮮な肉は、高い率で含まれています。新鮮肉の栄養構成物の中で、最も大きな割合を占めているのが、たんぱく質と脂肪です。新鮮肉を大量に含有することで、原材料リストに入れる追加脂肪の量を制限することができるのです。

オリジンの中にあるグルコサミンとコンドロイチンはどこから来るのか?サプリが使われているのか?

オリジンのフォーミュラに入っているグルコサミンとコンドロイチンは、私たちのフードに使う新鮮肉から自然に発生します。オリジンのWholePrey™肉比率コンセプトとは、新鮮な軟骨があなたの犬や猫が野生で摂取するであろう比率で含まれているということです。

事実、オリジンは、肉や家禽肉、魚の原材料が85~90%の割合で使われています。そして、特に新鮮肉は、天然のグルコサミンとコンドロイチンが高量入っている大切な源です。ですから、グルコサミンとコンドロイチンは、保証成分には載っていますが、原材料リストには載っていないのです。

Orijenに使用されている地元産の新鮮な原材料について

原材料はどこから入れるのか?

原材料を生産するパートナーは、注意深く選ばれ、彼らの品質と栄養基準を私たちのフードの基準に見合うようにします。私たちは、アルバータ州内そしてカナダの各地域で、私たちと同じ価値を持ち、名前を公開しても恥ずかしくない地域の農場・牧場経営者や漁師と連結しています。これらの生産者は、GMOフリーで継続可能で道徳的に正しい方法を使って生産した新鮮でカスタマイズされた原材料を提供してくれます。フルーツや野菜ハーブの原材料は、食卓に出せる品質で、肉原材料は全て人間用食材として認定を受けている品質のものを使っています。

人間用食材 – オリジンの原材料は、ヒューマングレードか?

私たちが使っている新鮮肉、肉ミール、脂肪の原材料は、人間用食材として認定を受けている品質の肉のみを使っています。これらは、カテゴリー3の施設(人間用食材を扱う施設、フラッシングをしない、4-D 動物部位は施設内に入れられない)で作られています。

オリジンフードに使われる全てのフルーツと野菜もまた人間用食材としての認定を受けています。

新鮮または生? - 違いは何?

冷却が、私たちの新鮮肉を保存する唯一の方法です。そして生肉は、旬の時期に急速冷凍して自然の栄養を封じ込みます。

商業用ペットフードとは異なり、オリジンは、毎日新鮮または生の状態で搬送される地域産の肉から作られています。これは、オリジンの食いつきが良くて給餌実績がある要因です。

アカナとオリジンのキャットフード・フォーミュラには、中国からの原材料が少しでも含まれているか?

原材料は中国から調達しません。ドッグフードとキャットフードの調理に、ビタミンやミネラルを含み、中国からの原材料は一切使われません。100%中国原材料無しです。

エトキシン - オリジンにはエトキシンが含まれているか?

チャンピオン社の原材料とフードは、決してエトキシンや他の化学保存剤で保存しません。

通常、エトキシンは、魚の原材料を保存するときに使われ、北米で作られた魚の原材料によく見られます。チャンピオン社は、魚原材料においては、新鮮魚と魚ミール二つの原材料だけを使っています。

新鮮魚。私たちの新鮮魚は、地域で漁獲され新鮮な状態で到着します。この「新鮮」とは、「決して凍結されず、保存剤を使用しない」ことが定義です。私たちの魚は、決してエトキシンを含みません。

魚ミール(魚粉)。エトキシン保存剤は、魚粉の供給チェーンの間にはよく見られます。ですから、チャンピオン社は、ブローカーや仲買人を通さず、直接魚粉の供給元と取引をし、ビタミンEとハーブエキスから作られた専用ブレンドを使って魚粉を保存してもらえるよう、手間賃を払います。ですから、私たちの魚粉はエトキシンを保存剤として決して使用していません。

チャンピオン社のエトキシンに関する基準は、正に微量レベルに位置づけられており、エトキシンは5ppm(百万分率)超えません。それは、0.0005%、または1%の1000分の1の半分に値します。これは、大部分の公認実験室が検出・測定できる最低限数値です。

BHA/BHT – オリジンには、BHA/BHTが含まれるか?

チャンピオン社の原材料とフードは、決してBHA/BHTや他の化学保存剤で保存されません。

チャンピオン社は、私たちのペットフードや原材料にBHAやBHT(またはその他の化学保存剤)を加えるすることは決してしません。そして、全ての原材料とフードは、私たち占有のビタミンEとハーブエキスのブレンドで保存されています。

ペットフード供給チェーンの間ではBHAとBHTが一般的に使用されています。(例えば、BHAとBHTは鶏や七面鳥、鴨等の餌によく使われています。)ですから、私たちが使う原材料がチャンピオンペットフーズ社の最終的な製品の基準に見合うよう生産者と連携しています。

チャンピオン社のBHAとBHTの基準は、5ppm(百万分率)を超えません。それは、0.0005%、または1%の1000分の1の半分に値します。これは、大部分の公認実験室が検出・測定できる最低限数値です。

Orijenは自社製造(他社に製造を任せない)

オリジンは、誰が何処で作るのか?

オリジンとアカナのフードの、両方ともチャンピオン・ペットフーズ社で作られます。私たちのフードは、アルバータ州モリンヴィルにあるNorthStarキッチンでカナダ国内、そして世界中ののペット愛好家に向けのみ作られます。

フリーズドライのオリジンフードとトリーツは、カナダオンタリオ州オークヴィルにあるフリーズドライ・キッチンで独占的に作られます。

答えは簡単です。私たちのフードは、誰にも作らせませんし、他のフードを私たちは作りません。

品質保証プロセスは、どのようなものを使っているか?

食品の生産と品質テストの制御と管理のために世界中で使われているシステム「適性製造基準(Good Manufacturing Practice)」と世界的に認識されている食品安全への規則的な予防アプローチである「危害分析重要管理点/ハセップ(HACCP)」の双方を生産と調理の全てのステージに活用しています。品質管理システムの実施は、私たちの工場内だけではありません。パートナー・ディストリビューターから原材料の供給元に至るまで、私たちは、彼らをよく知り、信頼しています。全ての肉原材料は、カナダ政府に認可され、人間用食材として分類されている動物原材料からのみ製造されています。

鶏肉や七面鳥肉、卵、魚、ビーフ、豚肉、イノシシ肉、バイソン肉、ラム肉を含む私たちの新鮮な肉は、地域内にある連邦政府が認証した人間用食材加工専用施設で製造されます。私たちの地域の新鮮原材料は、化学品を使ったり熱や冷凍をせず、保存法は冷却のみという、AAFCOが定義する「新鮮」に正に見合っています。

しかし、品質の最もよい保証とは、真正性に関して私たちが得た世界的な評判です。チャンピオン社では、決して他社にフードの製造を任せません。オリジンが、私たちの工場内でのみ、製造され、パッケージされていることを保証します。

オリジンの缶詰は、どこで販売しているのか?

缶詰フードの製造はとても違った製造工程ですので、北米の缶詰ペットフードの殆ど全てが、1、2の大きな缶詰製造工場で作られています。他社がしているようにして、オリジンの缶詰を作ることもできますが、私たちは、オリジンを自社の施設以外で作るという考を心地よく思えません。ですから、オリジンの缶詰を製造する予定はありません。

とは言っても、オリジンのフリーズドライ・フードは従来の缶詰フードにとって代わる、とても良い選択肢です。オリジンのフリーズドライ・フードは、従来の缶詰フードには見られない、正に新鮮な原材料で作られており、新鮮または生の肉が90%の割合で含まれていますし、加熱調理することなく作られていますので、真に新鮮な原材料の自然の味と栄養の全てを全て保っています。

第一警告フード・リコールプログラム(First Alert Food Recall Program)とは?

チャンピオン・ペットフーズ社は、第一警告フード・リコールプログラムの会員です。このプログラムは、任意の活動で、万が一製品がリコールされることになった場合、顧客や消費者に一早く警告するという事に同意した責任のあるペットフード製造業者の連合体です。

私たちはフードの安全、猫や犬の健康と飼い主の方々の安心のために献身しています。万が一私たちのフードがリコールされるようになった場合、直ちに皆様と連絡を取り、当該製品の情報やリコールの理由、今後の対処法についてお知らせします。ウエブサイトに情報を上げ、該当する規制当局に通知します。

このプログラムに関心をお持ちでしたら、電子メールで「FIRST ALERT PROGRAM」という題名を付けてご連絡ください。メールでご連絡いただくことで、リコール製品が発生した時にチャンピオンペットフーズ社が、直ちに連絡できるよう、お客様がご本人のメールアドレスを連絡先として保管しても良いと同意されたものと理解させていただきます。

動物実験は行うのか?

私たちの動物実験に関するスタンスはシンプルです。コンパニオンの犬や猫が受けても良いと思われる実験だけを実施しています。もし、私たちの犬や猫に受けさせたくないなら、その他の犬や猫に受けさせて良い訳がありません。

私たちは、美味しさ(味)や尿pH検査、消化の良さ(後者は便の分析のみ)、そしてAAFCOの給餌試験を行っています。

パッケージとフードの保管

なぜ袋が真空パックになっているのとなっていないものがあるのか?

一般に信じられているのとは異なり、私たちの袋は真空パックではありません。オリジンとアカナのバッグは、私たちのフードをできるだけ新鮮に保つようにアルミ箔の裏地仕上げになっていますので、外の酸素が袋を通過して入って来たり中の酸素が外に漏れたりしません。袋が密封された後の酸素移動は不可能です。

密封される時に袋に残留する酸素の量は、私たちが使う排気システム(真空パックシステムではありません)で押し出される空気の量によって違ってきます。パッケージにフードがどのような状態の時に入れられたか、またその時のフードの密度や周囲の温度がどのようなものであったよって、空気をより多く含む袋や、より少なく含む袋が出てくるのです。

真空パックに見える袋がありますが、真空パックではありません。それぞれの袋に入っているフードは、全て同等に新鮮です。

オリジンフードの保管

開封後は、オリジンフードを密封容器に保管ください。オリジンの袋にはファスナー付きのものがありますので、それを使っていただくこともできます。袋にファスナーが付いていない場合は、袋をできるだけ真空状態にするようにしっかりと丸めて保管してください。

オリジンを冷蔵する必要はありません。直射日光を避け、湿気の無い冷所に保管してください。保管温度は、10~20℃が理想的です。高温の場所に長い間放置すると、酸化が進み保存期間が短くなります。

賞味期限

賞味期限(BB)はオリジンの袋の裏、上部に印刷されています。期限日は、日、月、年の順に記載されています。

賞味期限は、私たちのキッチンで製造され、袋詰めされた時から数えて約18ヶ月です。熱や水分によって、オリジンの賞味期限は大きく左右されますので、ご了承ください。

開封後は密封容器やしっかり塞いだ袋に入れて保管していただくと、オリジンは何カ月も安定した状態を保ちます。

給餌について

給餌のポイント

給餌回数は、1日2回をお勧めします。1日分の給餌量を2回に分け、給餌間隔を8時間から12時間取ってください。あなたの犬が体重維持するために見合った最適な量になるよう調節してください。筋肉質の犬が健康な犬であることを念頭に入れて給餌をしてください。

犬(または猫)の体の7割までは水分で、細胞機能と皮膚の潤滑性にとって重要なものです。事実、あなたの犬や猫にとって、他の栄養素より水が何より大切なのです。いつも新鮮で綺麗な水が飲めるよう、水を頻繁に取り換えることを忘れないでください。

与えすぎないように

多くの犬は、食欲があるので、あなたが与えるものは全て食べてしまいます。オリジンフードは、食いつきが良いので、与えすぎは避けてください。

軟便ですか?

便に関しての問題の中で特に軟便の問題は、しばしば餌の与えすぎが原因です。日中の餌の給餌量を減らすことで、直すことができます。

体重増加

年齢に関係なく肥満は、深刻な問題です。私たちのフードは全て給餌ガイドが袋に印刷されていますが、犬によって違います。給餌ガイドは、出発点として参考にしてください。

あなたの犬や猫の体の変化に気を付けてください。もし、痩せてきているようでしたら、給餌量を増やしてください。体重が増えすぎていると思われたら、少しずつ給餌量を減らしてください。

いつもお腹がすいている?

あなたの犬や猫がお腹がすいているように見えるかもしれませんが、彼らの体調に対してどれくらい餌を与えるかが最も良い測定法です。お困りでしたら、お電話でご一報ください。

トリーツ

犬におやつを上げるのは楽しみなものです。しかし、おやつは適度に、そして1日のフードの給餌量の10%以下の量に抑えるようにしてください。残りは、完全な栄養を提供する給餌プログラムから摂取するべきです。躾トレーニング等でおやつを頻繁に使う時は、できるだけ小さな欠片にして使うようにしてください。

ロテーション給餌とは?オリジンでできるか?

異なったオリジンのフォーミュラをロテーションするのは、あなたのペットが、毎日同じものを食べて飽きてしまうことを防ぐと共に、豊富なバラエティのたんぱく質を与えることになります。手始めに、今与えている袋が空になったら、次の袋は、違ったレシピを使ってロテーションするのが良いでしょう。

ロテーション用に新しいフードを与える時は、新しいオリジンへの移行が確かにできるように、新旧のフードを半々にして混ぜてください。あなたのペットが敏感な場合は、移行をフル行程で行なってください。その後は、自由に変えてください。

今与えている餌からオリジンに移行するには、どのような方法をとればよいか?

犬や猫は、しばしば同じフードを与えられていますので、急にフードが変わると消化器が容易く適応できないことがあります。そのため、新しいフードはゆっくりと時間をかけて与えるのことが大切です。ゆっくりと移行していくことは、あなたの猫や犬が新しいフードに合わせていく時間を与え、消化器機能異常になる可能性を減らします。

まず、今与えているフードを75%、新しいフードを25%の割合で混ぜて与えます。その後5-7日間かけてゆっくりとオリジンの割合を増やしていきます。この期間の最終日には、オリジンを100%の割合で与えてください。

栄養と健康

高たんぱく質のフードは私のペットに良いのか?

オリジンでは高たんぱくが犬や猫にとって最も適正と考えています。たんぱく質が多い食事について様々な通説がありますが、この質問は、カスタマーサービスに最も良く寄せられる質問です。

過去15年間に出版された数えきれないほどの研究が、高量のたんぱく質に関する通説(しばしば、たんぱく質の量が少なく穀物をベースにしたフードを作っている多国籍のマーケティング企業によってけしかけられている)を明らかにしてきました。

真実は、シンプルです。たんぱく質が多い食事は、あらゆる血統の犬と猫にとって生物学的に適正なものです。たんぱく質の量を増やして炭水化物の量を減らすことで、犬や猫のありのままの食事と解剖生理学と調和させればさせるほど、万全な体調と調整をより促進することになります。

現在、従来のペットフードは、たんぱく質が低く炭水化物が高い(40~50%)フードです。炭水化物は、自然の食事に入っていませんから、犬や猫にとって、どのような量であっても栄養学的に必須ではありません。

犬や猫は、穀物由来の炭水化物からではなく、動物性たんぱく質と脂肪からエネルギーを得るように進化してきました。

たんぱく質のレベル - タンパク質の量が高いと腎臓にストレスを与えるか?

たんぱく質の高い食事が猫と犬の腎臓にネガティブな影響を与えることを示す科学的研究はありません。

泌尿器系の健康- オリジンは、泌尿器系の健康を促進するのか?

はい。肉を多く含みマグネシウムが少ないオリジンは、自然な酸性であり健全な膀胱を助長します。

尿路感染症になり易いとか尿中結晶を発症するペットは、できるだけたくさんの水を飲むことで尿道を流し、尿を薄めることが重要です。オリジンはたんぱく質の量が多く、栄養が濃縮されているので、消化を促すためにも沢山の水を飲ませることが必要です。オリジンフードは、pH 値が5.5~6ですので、自然な弱酸性で猫と犬にとって健全な膀胱機能を維持するのにぴったりです。

体重管理 - オリジンは、肥満のペットにふさわしいか?

確かにふさわしいです。オリジンは、生物学的に適正なエネルギー配分をしており、たんぱく質からのエネルギーが多く、炭水化物から供給されるエネルギーは少なくなっています。

炭水化物は、エンプティカロリーで、体の中での必須機能はなく、エネルギー用の糖分のみを提供し、血中で素早くブドウ糖に変換します。もし炭水化物が余分に提供されると(しばしば、そうであるように)、それらは、簡単に体脂肪に変換されます。

タンパク質は、炭水化物と同じ量のエネルギーを提供しますが、体には異なった影響を与えます。炭水化物と異なり、たんぱく質は命のために必要なもので、生物学的に適正なエネルギー源です。

大型犬の子犬 - オリジンは、大型犬の子犬や成犬にふさわしいか?

はい。オリジン・パピー・ラージブリードは、大型犬の子犬の成長を促すよう、特別に配合されています。

アメリカ獣医栄養学大学(ACVN)が、発育中の大型犬の子犬の食事は、適度なエネルギー摂取と理想的なミネラルの比率を含むべきだと述べました。私たちのオリジン・ラージブリード・パピーは、これらの特別なニーズを心にして調合されています。

オリジン・ラージブリード・パピーのエネルギー量は、余分なカロリーや異常な成長を防ぐように、標準パピーの食事より低くしてあります。低GIの炭水化物源が万全な体調を促し、体重維持管理の手助けとなります。

カルシウムは、1.1%以上、1.4%以下です。カルシウムとリンの比率は、大型犬の子犬の成長に最適とされている、1.2:1~1.4:1です。

大型犬 - 高たんぱく質は、関節の健康に影響するのか?

「グレートデーンの成長(Nap RC オランダ)」 の研究によると、食事に含まれるたんぱく質の量が、骨格の発達に著しい影響を与えないと示しました。タンパク質を沢山摂取することで、脅迫性障害(OCD)やハンチントン病(HD)のリスクが増大しないし、骨の縦成長の発育にも影響しないという結果を出しました。加えて、たんぱく質が整形外科的な問題の原因にならないけれど、他の栄養素はそれに影響します。

関節の問題の原因になるのはたんぱく質の取りすぎではありません。餌の与えすぎ、ミネラルの含有量が多すぎる、そして遺伝的なものが、関節炎や整形外科的問題に寄与しているのです。整形外科的問題の大部分が、遺伝であることに注意してください。しかし、肥満の子犬や犬は、痛みや不快感が増大しますし、若い犬の時に整形外科的な問題を生み、加齢に伴い神経痛を発症する可能性があります。

高齢犬 - オリジンは、高齢犬に適するのか?

はい、正にその通りです。高齢犬は、慣例としてたんぱく質の量が少ない食事を勧められていますが、この考え方は、最近の科学が手厳しく却下しています。犬が老いていくにつれ、たんぱく質が多い食事は、万全な体調を維持していくために特に必要なものです。

炭水化物とたんぱく質の関係は、高齢犬の食事にとって重要な要素です。タンパク質の量が多いと炭水化物の量が減ります。いいかえれば、たんぱく質が多い食事は、本来、炭水化物が少ないものです。余分な量の不適当な炭水化物(単純に糖分)は、どのような高齢犬の食事にも、最も必要としない栄養分ですから、高齢犬にとっては良いものです。

保証成分のどこに炭水化物の含有量が書かれているのか?

それは、米国飼料検査官協会(AAFCO)が、保証分析のリストに炭水化物を入れないようにと決定したからです。これは、従来のペットフードの多くは、50%を超える炭水化物が含まれているので、理解を得るのが困難な決定でした。

炭水化物の量を計算するには、たんぱく質と脂肪、水分、繊維、灰の数値を足して、100%から引けばわかります。これで、フードに入っている炭水化物の大体の量についてのおおよその見当がつきます。

オリジンには、ヨウ素がたくさん含まれているか?

いいえ。オリジンの食事には、1.8mg/kg~7.3mg/kgのヨウ素が含まれており、この数値はAAFCOが確定したヨウ素の最低値に近いものです(AAFCOは、犬の食事の中にあるヨウ素の最低値を1.5mg/kg、最高値を50mg/kgに設定しています)。オリジンに入ってる昆布には、最も体内に吸収されやすい形で64種類の豊富なミネラルが含まれています。

UGペット.comで取り扱っている犬用品について

現在、UGペット.comでは2000点以上の犬用品を取り揃えております。また取り扱っている犬用品の多くは、ペット専門店商材を中心に選んでおります。それは、高品質なフード(ペットフード・おやつ等)は犬の健康の維持に役立つと考えているからです。犬の健康を維持できるということは、犬自身にとっても、飼主様自身にとってもよいことだと思います。今後も、よい犬用品を選りすぐり取扱いをさせて頂きます。

ドッグフードについて

UGペットで扱うドッグフードはペット専門店で販売される高品質なものを中心にラインナップしております。 その中で特に推奨しているフードに関しましては、ドッグフードページにて紹介をしております。

ドッグフード一覧へ
3
食いつきに・・・

対象製品オリジン オリジナル 2kg

むらがあります。犬種によってかもしれませんが、吸収率もうちはあまりよくなかったです。うちは3匹共日本スピッツです。

この口コミはあなたのお役に立てたでしょうか?
はいいいえ
ren 様UGペット.comで購入済 | 2011/02/15

5
ドッグフードでお悩みの方に

対象製品オリジン パピー 340g
このレビューは2名の方のお役に立てたようです!
Good!

このドッグフードの原料には犬の消化に不適切な穀物が含まれないことや、酸化防止剤が入っておりません。ウチのトイプードルはまだ生後8週間で自宅に来て、それ以来このオリジンパピーを与えていますが、2週間で体重が5割以上成長するなど獣医さんもがっしりしていますねとほめてくれました。毎日50-80グラムぐらいあげていますが、かなりの高吸収率で身になっています。とにかく食いつきもよく元気で走り回ってくれています。

この口コミはあなたのお役に立てたでしょうか?
はいいいえ
ジン 様UGペット.comで購入済 | 2010/12/22

URL

送料は本州515円、北海道・四国・九州は721円になります。沖縄・離島も同様です。5,000円以上のご購入で送料無料になります。(楽天あんしん支払いは送料無料が適応されません)