塩化コリンとは / 塩化コリンについての説明・解説

> 塩化コリンとは

塩化コリン

塩化コリンは、脂肪の代謝や神経伝達、正常な細胞膜の維持に不可欠な栄養素です。肝臓・腎臓・胆嚢など、身体の老廃物を排除する器官を正常に機能させるためには欠かせません。不足すると、肝臓に脂肪が蓄積される脂肪肝や腎臓からの出血、神経系の異常などが引き起こされることがあります。

最終更新日:2016/05/23 19:05