ビタミンB6とは / ビタミンB6についての説明・解説

> ビタミンB6とは

ビタミンB6

ビタミンB6は、ビール酵母、小麦ふすま、小麦胚芽、レバー、魚、大豆などに含まれる水溶性ビタミンの一つです。アミノ酸の代謝をはじめ、様々な代謝に関わっています。ビタミンB6が不足すると、神経・皮膚の異常、貧血などの症状が起こります。過剰摂取した場合、神経・皮膚・血管の異常が起こると言われていますが、通常の摂取量で心配する必要はありません。

最終更新日:2016/05/23 17:55