パントテン酸とは / パントテン酸についての説明・解説

> パントテン酸とは

パントテン酸

パントテン酸(別名:ビタミンB5)は、水溶性ビタミンの一つです。特に乾燥酵母、卵、牛乳、レバーなどに多く含まれていますが、ほとんどの食品に含まれており不足することは稀なため、積極的に摂取する必要はありません。もし不足した場合は、発育・皮膚の異常が見られます。過剰に摂取した場合、残りは尿として排出されるので特に心配はないと言われています。

最終更新日:2016/05/23 17:52